自分でブローをしてヘアセットを上手にやる方法

自分でブローしてヘアセットをするというのは、かなり難しいものです。

美容院では美容師さんが簡単にブローをしますが、自分でするとなると片手にドライヤーを持ってもう片方にブラシを持つのはなかなか難しいことで、ヘアスタイルを左右対称に整えるのは素人には簡単にできないことがほとんどです。

しかし特にくせ毛のある人を始め、ヘアスタイルが気になる人であれば皆毎朝ブローをして髪をきれいな状態にしてから出かけたいものです。

もしブローができないとか面倒だというのであれば、パーマをかけたりしてブローをしなくてもいい状態にしておくという方法もあります。

しかし髪が傷んでしまうなどのパーマによる影響が気になる場合や、中高生の場合では校則で禁止されている場合もあるので、簡単にパーマをかけたりする訳にはいかないものです。

なのでどうしても自分でブローをうまくやりたいというのであれば、通常とは違った方法でブローをする必要があります。自分でブローするのは難しいと感じても、実は自分で工夫次第で美容師さんと変わりないくらい上手にブローすることが可能です。

まずヘアスタイルに関しては、ロングヘアよりもやや短めのセミロング、もしくはボブくらいの長さがよりブローしやすい長さです。

髪の長さがそれほど長くなければ、髪が乾く時間も早くなりヘアスタイルをキープできるということもあってブローがしやすくなるのです。

またブローを毎朝短時間でうまくやるためには、前日の夜の時点で入浴後に髪をブローしているようにしてしっかり乾かす必要があります。

前日の夜にきちんと髪を乾かしておくことで寝ている間に寝癖がつきにくくなる傾向にあり、うまくいけば日によってはブローを全くしなくても出かけられるくらい髪がまとまっていることもあります。

なので入浴した夜は、しっかり髪を乾かしてから就寝することを心がけるべきです。

また通常ブローはドライヤーにロールブラシなどを使って行うものですが、ブラシを片手に持って髪を引っ張りながら重めのドライヤーを持って自分の髪をブローをするのはかなり難しい技術です。

よって素人には慣れないとかなり難しいことなので、ブラシを使わないという方法でブローをすべきです。

ブローはブラシを使わなくても、手を使ってブローをすることが可能です。

髪を手で持って少しだけ引っ張りながらドライヤーを当てて乾かしていくと、思ったよりもうまくブローができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です